本と映画とドラマの感想|サトーのブログ

本、映画、ドラマの感想を書いています。

『「女の痛み」はなぜ無視されるのか?』感想

 

こんにちは。
こっちが「痛い」って言ってるのに、赤の他人が「いや痛くないでしょ笑」と言ってきたら般若のごとく睨みかえすこと確実なサトーです。
痛いものは痛いんだよ。

 

さて、さいきん読んだ本の感想です。

 

この本は

 

主に2020年パンデミック時に、孤独や痛みに耐えながら出産しなければならなかったアメリカの有色人種の女性たちや、
同じくパンデミックの時に家庭に閉じ込められて家事、育児、教育、仕事をして、場合によってはキャリアを断念しなければならなかった母親たちの体験談などが紹介されています。

 

妊娠出産のときに病院で痛みを訴えても信じてもらえず雑な扱いを受けたとか、パンデミックで職場も学校も閉鎖している中、家事や育児や教育が当然のように母親に押しつけられたことなど。

 

なぜ先進国であるはずのアメリカで、こんなことが起こるのか?

 

有色人種の女性の痛みは軽視され、非常時の家庭では女性に負担が押し付けられるのはなぜか・・・といったことが、多くの体験談をもとに様々な視点から、「女の痛みはなぜ無視されるのか?」分析している本です。

 

アメリカの話なので日本の事例は出てきません

 

この本を読もうと思ったのは

ちょっと前にX(旧Twitter)で話題になってましたよね。
こういうやつです。↓↓↓

 

「脱毛エステで女性客には何もなしなのに、男性客には麻酔クリームが塗布されていた」
産婦人科で腹部に異常を訴えたのに、ただの便秘と診断されて帰宅したが次に同じ症状で受診したら子宮に異常があった」とか。
まさに女の痛みは無視される例ですね。
日本でもこういうことがあるんですね。

 

あとは「被災地で女性に生理用品を渡さない/または、ひたすら代替品を提案する」もそうですね。当事者の女性の痛みを無視する実例に当てはまると思うんですよ。

 

で、なぜそんなことが起こるのか?ということを知りたくてこの本を読んでみました。

 

ネタバレになるんですけどね、結論から言うと「女の言うことを信じない」というのが根強く、信仰に近いくらい根深くあるらしいんですよ。女の訴える「痛い」を信じないんですね。
だから女の痛みを軽視したり無視できるとのことです。だって信じてないんですからね。

 

もはや信仰心

そういう女の「痛み」を信じない人たちは、医療関係者や医学生の中にもいるそうなんです。
いやいや、人体として女の体の痛覚だけ鈍いということはないだろーと思うんですが、突き詰めていくとそういうのは、根深い女性蔑視につながってるようなんですよ。
そういうことが丁寧に分析、解説されています。

 

先進国でさえ

著者のアヌシェイ・フセインバングラデシュ出身でアメリカに移ったあと、出産時にアメリカの病院でひどい目にあったそうでうす。
アメリカの病院だから大丈夫!」と思っていたら、入院後に母子ともに命の危機に陥ったとか。

 

訳者は日本の方なんですが、やはり女性で出産経験ありというだけで病院で麻酔をしてもらえなかった、という体験談も書かれています。

 

先進国であってもそういう経験を持つ女性は多そうです。

 

命の危機があったかどうか、痛みの強弱は別として病院で痛みを訴えても鼻で笑われた人や、「異常はなかった」「何でもない」で帰された人は結構多いんじゃないでしょうか。


臨床試験から排除

まあ、読んでいて楽しい本ではないんですよね。
痛みに関する体験談は読んでるこっちまで痛くなってくるようだったし、
(「黒人女性を実験台にした現代婦人科医学の父」の話とか筆舌に尽くしがたいです・・・)


人種差別に対してナーバスなはずのアメリカでこんなんだったら、もはや世界は絶望的では?って暗い気分になるんですよね。

 

あとは世界的に見ても、生物医学研究の被験者は女性より圧倒的に男性が多いんですって。つまり医学や薬理学の実験結果のサンプルは主に男性のものなんですね。長年「実験や臨床試験から女性が組織的に排除されている」そうなんです。
現在はマシになっているとかいないとか。

 

そしてコロナ禍でアメリカでのワクチン臨床試験では、妊婦が含まれていなかったそうです。「妊婦自身から要請がでているにもかかわらず」です。

 

で、私は初めて知ったんですが「女性は男性よりも薬物の代謝に時間がかかるため、服用後8時間経過しても眠気が抜けず、車の運転ができないことがある」場合もあるそうです。同じ薬でも男女でだいぶ違うんですね。

 

まとめ

この本はアメリカの事例がほとんどで、日本のことは書かれていませんが、それでも先進国アメリカで、つい最近もこんなことが起こっていたなんて、かなり衝撃です。
言わんたるや日本では・・・

 

で、こういう「女の痛みを信じない」信仰の人にどう対処すればいいかということも書いてありまして、マヤ・ドゥゼンベリーという人が言うには、

 

「自分の体の異常は自分こそがわかっている、何年も専門教育を受けた医師でも人間だから間違うことはある、医学知識には未解明な部分もある、信頼できる医師に出会うまでセカンドオピニオンを求め続けよう(要約)」とのことです。

 

というわけで、興味があれば読んでみてください。

 

それでは、お読みいただきありがとうございました♪

 

 

fortunamajor.hatenablog.com

fortunamajor.hatenablog.com

 

『マルホランド・ドライブ』感想

 

こんにちは。
最近はドライブには行かなくなったサトーです。
数年前までは遠出してカフェとかに行ってランチとか食べてたんですけどね。
今は時代のせいか年のせいか、行かなくなりましたね。
まあ、そんな時代もあったなーと、いい思い出ですね。

さいきん見た映画の感想です。

 

ストーリー

 

マルホランド・ドライブ(道路)を走る車に乗っていたら、殺されそうになった黒髪の女。
逃げこんだ先はルースという女性の家。
そこへルースの姪のベティがやってきて、黒髪の女と遭遇する。
ベティはなぜか警察には通報せず、黒髪の女の「自分探し」に付き合うことになる。


感想

感想はですね、「よくわからん」です。

 

私、デイヴィッド・リンチはよくわかんのですよね。
この映画は、『ツイン・ピークス』の要素もしっかり引きずっていて、もしかしてリンチ節が全開なのではないかしら、と思いました。

 

ツイン・ピークス』の、夢だか空想だか妄想だかわからない世界と、赤のカーテンや布地(このひと赤いカーテン好きですよね?)、記憶の中の不気味な男、狂気をまとった中高年に脅かされる若い女性・・・
なんだかそういうのは分かったんですけどね、映画としては全く分かりませんでした。

 

まとめ

見終わってから知ったんですけど、ダイアンとベティは同一人物なんですね。というかナオミ・ワッツ一人二役だそうです。

 

よく似てる人物だなーとは思ってたんですけどね。
すぐに同一人物だとは気づきませんでした。メイクの技術か、演技力なのか・・・どちらにしてもすごいですね。

 

マルホランド・ドライブ』は見たあとは頭に???がいっぱい浮かんでたんですよね。
ググってみると、リンチからの映画を理解するための10のヒントとか、誰かが解説した記事を見つけることができるので、気になる人は探してみるといいですよ。

 

私は解説を読んでもへーとしか思わなかったんですけどね。
リンチは好かんというか、わからんですね。

 

見終わったのが夜の11時なので私は眠かったですし、倍速で見ても眠かったんですよね・・・
謎解きとか、パズルが好きな人は楽しめるかもしれませんね。

 

それでは、お読みいただきありがとうございました♪

 

 

fortunamajor.hatenablog.com

fortunamajor.hatenablog.com

 

S3_#7『キリング・イヴ/Killing Eve』あなたは美しきモンスター 感想

 

こんにちは。
仕事が行き詰ったので、思いきって1日だけ遊びまくって気分転換したサトーです。おかげでリフレッシュできました。たまにはこういう日があってもいいですよね。

さて、さいきん見たドラマの感想です。

 

今回のキリング・イヴは

 

管理者エレーヌに呼び出されたヴィラネル
廊下に飾ってある鎧の騎士と睨めっこをしています。

 

キャロリンはイヴの中にあるヒーロー願望を指摘します。
イヴはゴミを漁ってヴィラネルへのヒントを捜します。

 

ママの彼氏を轢いたイリーナは、少年鑑別所へ。
コンスタンティンの心臓は驚きすぎて弱っているようです。

 

その頃、ケニーの元職場が警察に踏みこまれ、オフィスはめちゃめちゃに。
ベアは失職の危機に危機に陥ります。

 

感想

キャロリンの秘書モーが、オムレツを食べさせてもらえなくてかわいそうでしたね。美味しそうなオムレツでしたからね。

 

今回もコンスタンティンが驚くシーンがあります。
いい年したおじさんが本気で驚く姿というのは、滑稽ですがおもしろいですね。

 

それにしてもゴルフをするヴィラネルが、緑の怪物ハルクにしか見えない衣装を着ていたのがビックリでした。
あんなファーをどこから見つけてきのか気になります。ヴィラネル以外に着る人がいるのでしょうか・・・

 

まとめ

仕事がいやになったらしいヴィラネルは、またもや暴走します。
そんなヴィラネルは緑のファーをまとってモフモフ状態なので、いよいよハルクに見えてきました。

 

次回はいよいよシーズン3の最終話ですね。
楽しみです。

 

それでは、お読みいただきありがとうございました♪

 

 

fortunamajor.hatenablog.com

fortunamajor.hatenablog.com

 

『WEEKEND ウィークエンド』感想

 

こんにちは。
週末は1日に配信映画を2本くらい見ようと思っても、1本しか見れないことが多いサトーです。なんだかんだでやる事があるんですよね。週末が4日くらいほしいですね。

 

さて、さいきん見た映画の感想です。
ちょっとネタバレしてるかもしれませんのでご注意ください。

 

ストーリー

 

金曜の夜、ラッセルはパーティーのあと立ち寄ったクラブでグレンに出会う。ふたりはラッセルの部屋へ行き一夜を明かす。
すぐに親密になっていくふたり。
いいかんじになったと思った矢先、グレンはある重要なことをラッセルに告げる。
週末の2日間におきた愛の物語。

※18+ リアルなセックスシーンがあります

 

ラッセ

2011年のイギリスの映画です。
ラッセルはゲイなんですよね。
で、イギリスって先進国じゃないですか。でもそのイギリスにいてラッセルはゲイとして生きづらそうなんですよね。


道でも他人にホモとか暴言を吐かれるし。
まあ先進国でも地域によって差はあるでしょうけどね。

 

ラッセル本人もゲイとして堂々とできないとか言ってましたし、本人の問題とは別にして、そういうのが攻撃の対象にされる風土でもあるんでしょうかね。地域性ですかね。


まあそれは置いといて、映画の話に戻りますね。


で、ラッセルは孤児なんですよね。
そのせいもあるのか、どんな形であれ誰かとつながろうとしているように見えたんですよね。彼は自分を情けないと思いながらも人恋しいみたいです。

 

 

うちあけばなし

で、そんなラッセルとグレンとの会話があるんですけどね。
朝、ベッドの中でふたりはまどろみながら話すんですよ。

 

ラッセルは「ゲイで満足している」と言いつつもグレンを見て
でも、「君みたいに堂々とできない なぜできないのかな」

 

で、そのあと父親の話になって、親を探そうとしないの?と聞かれたラッセルは「見つかったところで何も変わらない」といいます。

 

そしたらグレンが、「俺が父親のフリをするからカムアウトしてみろよ」といいます。

 

ラッセルは、はにかみながらパパ役のグレンにゲイであることを打ち明けると、グレンは寝ぼけ顔のラッセルを真っすぐ見てこう言います。

 

「気にしないよ
変わらず愛してる
それにお前は最高の息子だ
どんな偉人にも勝る」

 

ラッセルは笑顔になります。まどろみながら。
こんな愛の伝え方があるでしょうか。

 

この2人は愛し合ってることはもちろん、信頼しあってるカップルってかんじです。


会ったばかりの赤の他人が自分のことを丸ごと肯定してくれるんですよね。


こんな嬉しいことがあるでしょうか。
よかったね、ラッセル。

 

 

まとめ

たった2日間だけ過ごした相手を愛してしまったラッセル。
訳あってふたりは駅のホームにいます。
最後に愛を伝えようとするんですね。

 

金網ごしのカメラがふたりを捉えます。
見ているこっちは、まるでその場にいて目撃者になってる気分です。

 

ラッセルはその後、部屋に帰って美しい夕暮れの空を眺めます。
おそらく彼はもう、自分自身を情けないとは思わないでしょう。
だってとても幸せそうでしたから。

 

ラッセルの体験を通じて、こちらの自己肯定感も上がったような気分になった映画でした。

 

それでは、お読みいただきありがとうございました♪

 

 

fortunamajor.hatenablog.com

fortunamajor.hatenablog.com

 

『10年後、後悔しないための自分の道の選び方』感想

 

こんにちは。
10年後のことは全く想像できないサトーです。
1年後もどうなってるか分からないですしね。
まあ10年後に後悔しないように生きていきたいですよね。

 

というわけで、さいきん読んだ本の感想です。

 

この本は

 

慶應義塾大学で長年キャリア相談にのってきた」著者が、「日本の若者に伝えたいこと」を書いた本です。

 

主に学生さん向けに書かれた本だと思われます。

 

この本の主なターゲットは若者ですが、中年が読んでもためになることがあると思います。実際に50代の人の話もちょっとだけ出てきますよ。

 

いい時代になりました

この本は就活中だったり、進路に迷っている学生さんにたいへん役立つ内容だと思います。

 

20年くらい前は、こういう質の良い情報を得るためには、特定の大学の特定の先生とかに教わらなきゃいけなかったんですが、2023年の今は電子書籍でサラッと読めちゃうんですね。

そういう意味では本当にいい時代になりましたね。

 

インターネットで探せば、低コストで良質な情報を得られるんですから。

 

今の若い人たちは、ぜひこの環境を利用してうまくやってほしいですね。

 

まとめ

この本では若者たちの実例がいくつか出てきます。
起業した人、大企業に就職した人などの話です。

 

それを読んでいると、私は大企業で働くのは無理だなーと思いました。まあ、その前に入れないと思いますけどね。

 

印象に残った言葉はこちら。
「問題は仕事でも会社でもなく、私にあると彼は指摘したのです。」

 

ああ〜わかる〜わかるよ~となりました。

私もうまくいかない時は環境や他者のせいにしがちなんですが、冷静になって突き詰めると、問題は私の中にあることが多いんですよね。

 

そして、「幸先のよいキャリアのスタートを切るため」の5つのルールも紹介されています。

 

若い人、組織やチームで働く人にもためになりそうなアドバイスですよ。

 

興味があれば読んでみてください。

 

それでは、お読みいただきありがとうございました♪

 

 

fortunamajor.hatenablog.com

fortunamajor.hatenablog.com

 

さまようロバ『EO イーオー』感想

 
 
こんにちは。
さまようロバの映画を見たので感想を書くサトーです。
 
一部ネタバレしているのでご注意ください。
 

ストーリー

EO イーオー

EO イーオー

Amazon

 

サーカスでカサンドラと一緒にショーをしていたロバのEO(イーオー)
破産法のため没収されて、馬牧場らしきところへやってきました。(たぶん売られた)
そこでヘマをやったので、今度はロバ牧場へ。そこへ愛しのカサンドラがやってきます。彼女を追いかけて、EOは牧場を飛び出します。
 
が、EOはカサンドラに追いつく前に森で迷子になります。歩いていたら町で捕まって、サッカーの試合を見学して、勝利のロバとなったあと、逆恨みしたフーリガンに襲われます。
行き場のない、守ってくれる人もいないEOはどうなってしまうんでしょうか。
 
 

ロバちゃん

この映画を見ようと思ったのはですね、X(旧Twitter)でロバのクサツネちゃんと一緒に徒歩で旅をしている太郎丸さんという方の投稿を見たからなんですよね。
 
 
太郎丸さんはイランやトルコやモロッコでスーコというロバと旅をしたことがあって、今は日本でクサツネちゃんと旅をしています。
冬は南九州の暖かいところにいるらしいです。
太郎丸さんのX(旧Twitter)はときどき鍵アカになりますが、フォローしておくとかわいい食いしん坊のクサツネちゃんが見られますよ。
 
てなわけで、クサツネちゃんを見てたので、この『EO』にも反応してしまったんですよね。
 
 

感想

そんなわけで最初はロバかわいい〜とか思いながら見てたんですが、途中で様子が変わってきましてね。特にサッカーチームと関わったあとフーリガンにEOが襲われるんですね。完全に逆恨みなんですけど、無抵抗なロバを殴るなんて酷すぎるのであの人たちは刑務所に100年は入っててほしいですね。
 
そのあたりからEOの旅が本格的に過酷になってきましてね。見てて辛くなるんですけど、そんな中でもEOは自分を見失わずにいるんですね。ロバにも意思があるんですよ。
 
そんなEOは人間の私から見てると安全で居心地よさそうな場所からすぐ逃げ出すんですよ。なぜですかね。そのまま居れば安泰なのにーと思うんですけどね。
 
その場所にいる人間たちには問題あるかもしれませんが、ロバのEOは害なく暮らせそうなのにね。
この問題ある人間関係のところでイザベル・ユペールさんが出てきます。
 
なぜだかEOは危険なところに吸い寄せられるように、ふらふらと歩いていってしまうんですよね。
 
 

赤のシーン

所々で画面が赤くなるシーンがあります。
場面の転換だったり、何かの比喩だったりするのかなーと思いながら見てました。あとは血の意味もありそうです。
EOが怪我したり、トラックの運ちゃんが殺される直前に赤いライトになっていたのでね。あとは愛してくれたカサンドラの回想も含まれるみたいです。
 
その赤のシーンのひとつに、風力発電とロバの組み合わせがあるんですけど、それは自然とドン・キホーテを連想させました。
もしかしたら、EOはただ彷徨ってるだけじゃなくて、何かに挑んでるのかもしれませんね。
 
 

野生動物の保護と治療

ちょっと感動したのが、瀕死のEOを保護して治療してリハビリまでしてくれる施設が出てきたことなんですよね。
これは実在する施設なんでしょうか?
そんな施設がある国ってすごいですね。
 
日本にも傷ついた野生の猛禽類を保護、治療する施設があるのは知っていたんですけどね。
 
 
日本には野生の馬はいるらしいですが、野生の馬やロバの保護治療施設があるかはわかりませんね。
 
それにしても、野生の動物に保護して治療を施すっていうのは、なんだか地球規模の愛を感じますね。
ちょっとセンチメンタルになりすぎですかね。
 
 

なぜそんなことを・・・

ちょっとネタバレになるんですけどね、EOが最後にやってくるのがたぶん屠殺場だと思うんですけど、牛を殺すところでロバを殺して何のメリットがあるのだろう?と本気で考えたんですよね。
 
ロバ肉を食うのか?
いや無理でしょー。
 
一応ロバ肉を食べる国はあるみたいなんですけどね。
食肉用に育てた牛と野良のロバを同じ機械で同じように殺しますかね?
あれって食肉用の牛ですかね?
 
ちょっとこの部分は現実的とは思えないんですが、この映画自体が寓話らしいので、まあ、そういう寓話なんでしょうね。
 
 

まとめ

最後はですね・・・落ち込みましたよ。
最初のほうの、ロバかわいい〜の無邪気な気分がぐしゃりと潰されたようでしたね。
 
でも一所懸命、人間に付き合って演技させられてるっぽいロバは可愛かったです。
 
動物を飼うこと、動物を扱うこと、動物とともに暮らすことの責任の重さ、困難さを突きつけてくるような映画でした。
 
それでは、お読みいただきありがとうございました♪
 
 

『WHO NOT HOW 「どうやるか」ではなく「誰とやるか」』感想

 

こんにちは。
「誰とやるか」が大事だと分かっていても、「どうやって選ぶか」が難しいなと思うサトーです。
「誰か」がその道のプロなのか、それともプロに見せかけた素人なのか、プロの中でも信頼できる人か、手を抜く人か・・・見分けるのが難しいですよね。

というわけで、さいきん読んだ本の感想です。

 

 

この本は

 

成功するためには「どうやるか=HOW」ではなく、「誰とやるか=WHO」が重要であると主張しています。
多くの実例も紹介されています。

 

1人であれこれ模索するよりも、その分野について自分よりも詳しい誰かに頼っちゃったほうが、上手くいきやすいよーということです。

 

 

感想

近年、当たり前となってきた考え方に「お金で時間を買う」というのがありますよね。

 

例えば、今まで忙しい中でも自分で芝刈りをやっていたけど、思いきって近所の青年を雇って芝刈りしてもらったら自分の時間ができたので、そのぶんを仕事に当てることができて自分がラクになった、とかですね。

 

そういうふうに、自分の仕事の一部を誰かにやってもらったら自分は時間ができるし、相手はお金がもらえるしWIN-WINだよーといったようなことが書かれています。

 

お金をケチったり、プライドを優先して誰かに頼めなかったりすると、結果的に自分の首をしめることになるよーという事例もあります。

 

日本だとそういうことに該当するサービスにはクラウドワークスやランサーズがありますね。

 

そういうイメージで、その分野のスキルのある人を頼っていこうよーというメッセージを発している本です。

 


まとめ

この本を読んでいたら、「早く行きたければ一人で進め、遠くまで行きたければ皆で進め」という言葉を思い出しました。

 

この場合の「遠く」は「成功」に置き換えられると思います。

 

1人のほうが気楽なんですけどね。
でも、この世界では1人で生きていくには限界があるので、適宜「適切な誰か」と協力したほうがうまくいきやすいのは確かでしょうね。

 

それでは、お読みいただきありがとうございました♪

 

 

fortunamajor.hatenablog.com

fortunamajor.hatenablog.com