サトーの日記

日々の見たり聞いたりしたことを書いていきます。

飲みにくいプロテインは甘酒で飲むべし

Photo by Pixabay

 

こんにちは。通販でジャケットを買った数日後に
ブラックフライデー全品10%OFFのメールが届いてヘコンでいるサトーです。
もっと早く言ってほしかった...

 

ところで
プロテインって飲みますか?

市販のプロテインドリンクとか
粉状になってて自分で溶かして飲むタイプとかありますよね。
私は栄養補給のために、数年前から粉状のやつを毎朝飲んでいます。


朝食にフルーツやシリアルを食べたあとに飲むんですね。
劇的な変化はないんですけど、なんとなく体がラクになって
動きやすくなったなーってかんじがあるんで
プロテイン続けてます。

今回は自分で溶かして飲むタイプの
粉状のプロテインの話です。

 

甘酒でトライ

で、このあと話が長くなるんで
結論から言うと
飲みにくいプロテイン、味がないタイプとかは
甘酒に溶かして飲むといいよ!
って話です。

 

私、ソイプロテインと玄米プロテインを飲んでいるんですけど
ソイはともかく
玄米プロテインってめちゃくちゃ飲みづらいんですね。

 

飲んだことある人はわかると思うんですけど
玄米プロテインは健康志向で作られているんで
味付けとかそういう「飲みやすさ」は
ほとんど考えられていないんです。
そういう商品が多いと聞いています。

私が選んだ玄米プロテインもそういうタイプだったんで
すごく飲みづらかったんですよね。
でも、いろいろ試した結果
甘酒に溶かせば飲める!ことが分かったんです。

 

なので、プロテイン買っちゃったけど飲みにくいなー
と思ってる方は一度、甘酒を試してみてください。

 

甘酒が苦手な人はどうしようもないんですけど
私のイチオシは
「飲みにくいプロテインは甘酒で飲め」です。
(例外はあると思いますので自己責任でお願いします)

 


長々とプロテインの話

 

さて、ここからは私が好奇心だけで買ってみた
玄米プロテインの話をしていきます。
インターネット情報がメインなので
特に新発見的なことは書いてないです。

 

プロテインにも種類があって
動物性のホエイ、カゼイン、植物性のソイとかあるじゃないですか。
私は動物性のホエイがお腹に合わなくて
植物性のソイばかり飲んでいたんですね。

そしたら、植物性プロテインにも種類があることを知ったんです。
玄米プロテインとか、ヘンププロテインとか、ピープロテインとかあるそうじゃないですか。ヘンプは麻の実のことですね。

 

本当に好奇心だけなんですけど、
好奇心だけで玄米プロテインを飲んでみることにしたんです。

どんな味かな?って。気になって。
玄米ご飯はよく食べるので、なんとなく体によさそうだなって思ったんですよね。

あのふわっとした玄米ごはんをね

想像してたんですよ。

 

そこで通販サイトでやっと良さそうなものを見つけて注文したんです。
ちょっと高かったんですけどね。
ソイやホエイに比べて量は少ないけど高かったです。

 

どんな味かな?ってワクワクしながら待ってたんですよね。

 

で、結論から言うと、ものすごくオイシクナイです。笑
ガッカリどころじゃなくて、ビックリするくらいなんですね。
製品名は出さないんですけどね。
味付けされたプロテインを飲み慣れていたので
玄米プロテインの味のワイルドさに衝撃を受けたわけですよ。

 

玄米プロテインは健康志向

 

玄米プロテインって新しく出てきたプロテインらしいんですよ。
それで商品自体も少なくて、
あと健康志向むけの人に作られているから
砂糖とかも入ってないし
味の良さも追及してないみたいなんですね。

 

なので健康にはいいかもしれないけど
ムチャクチャ飲みづらいんです。

 

玄米ごはんのイメージとは程遠くて

粉状にしたら、玄米…お前…すっかり変っちまって…

という気持ちになったんですね。

海外からの輸入品なので、仕方ないんでしょうけどね。

 

最初、水で溶かして飲んだんですけど、
これ、無理だなってなりまして。
次に豆乳やアーモンドミルクで飲んでも
無理だな、ってなるんですよね。

 

何が無理かっていうと
味とにおいが玄米玄米しすぎてて
つまり強烈すぎて
人工的な味付けに慣れた身としては
受け入れがたく感じるんですね。

つまり飲みにくいんです。笑

 

いろんな味でトライ

 

で、次は味の濃いやつと混ぜてみたんです。
ブラックコーヒー、ミネストローネ、リゾットとかね。
ブラックコーヒーにいれると、ミルクティーみたいな色になるんですけど

やっぱり玄米の味とにおいが勝利するんです。

そしてダマになる。きれいに溶けないんです。
リゾットやスープ類も同じでした。

 

それで甘いものならどうだろう?と
おやつ感覚でのめないかな?と思いついて
アイスティーやバニラアイスに混ぜてみたんですね。
ヨーグルトにプロテインをかけて食べる人を
YouTubeで見たことがあるので。

 

が・・・
どんなものに混ぜても玄米プロテイン
強烈な個性は消えてくれません。
玄米が強烈すぎて、他の食品の味を消しちゃうんです。

 

玄米、強し。

 

このままでは、玄米プロテインを消費できない…。
高かったので捨てるのはしのびないし、もったいない。
それにたかが味付けごとき、
この飽食時代にクリアできないわけないんじゃないの…?

 

私はググりました。
ヒントを求めてインターネットの海へ。
そうすると意外とあっさりと1つの情報を得ました。

 

それは… 甘酒!

 

そうか!その手があった!
天然の栄養ドリンクと言われている甘酒。
さっそくスーパーで買ってきて、玄米プロテインに混ぜてみました。

 

飲める!飲めるぞ!

 

久々に感動しました!

砂糖が入っていなくても、甘酒ってすごく甘いんですね。
この強い甘さが玄米プロテインの個性と相殺される形で
味のほうはどうにか誤魔化せたかんじです。

 

ただ、においのほうは消えませんでした。
なので私は甘酒に玄米プロテインを溶かして飲むときは
息を止めて飲んでいます。

 

いける!これならいけるぞ!(確信)

解決策はないと思われた

玄米プロテイン消費問題に片がつきました。
甘酒ってすごいですね!

 

 

甘酒は甘い

シェイカーに甘酒200mlと
玄米プロテインをスプーン1杯分溶かして飲んでいます。
かなり甘いです。

 

ある日、甘酒が100mlしかなかったので
常温の水を100ml加えて玄米プロテインを飲んだところ
甘さが抑えられて飲みやすくなりました。

 

甘すぎるのは苦手、という方はやってみてくださいね。
甘酒を半量に減らして、水を足すと甘さがおさえられます。
忘れてましたが水も偉大ですよね。
ただし、玄米プロテインを水オンリーで溶かすのはおすすめしません。
だって玄米の個性が…

 

せっかく買ったプロテイン
飲めないという理由で捨ててしまうのはもったいないです。
そんな時は最終手段(と思われる)

甘酒を試してみてください。

 

甘酒が苦手な方は・・・がんばってください ( ´∀` ) 笑

 

それでは、お読みいただきありがとうございました♪